会社概要

伝統をイノベーションし、
新しい価値を創造する。

弊社「マザーブランド株式会社」の源流である「横井商店」は、

石川県の能登で約500年の歴史を持つ「松波米飴」のメーカーです。

「祖母が父にバトンを繋いだ松波米飴の技術を後世に残したい。」

そんな想いから、それまで父が経営していた「有限会社北陸開成」を

組織変更および商号変更して、「マザーブランド株式会社」を立ち上げました。

マザーブランドのmotherという言葉には「母」のほかに、
「生み出す」という意味があります。

世の中の製品・サービスをブラッシュアップして

今までにはない新しいブランド(価値)を生み出して育てていく。

「マザーブランド」という社名にはそういう思いが込められています。

現在の成熟産業にも後世に残すべき技術や製品は沢山あります。

ただ、そのままでは、後世に残せないかもしれない。

そんな技術や製品にイノベーションを加えることにより新しい価値を創出し、

後世に残すべきかけがえのない財産になる。そこに大きな可能性を見出しました。

「マザーブランド株式会社」はこれから50年、100年、そして500年先の未来の人々のために。

かけがえのない技術および製品、サービスを創造していきます。

マザーブランド株式会社
代表取締役社長 横井 裕貴

社長学歴

1998年4月 近畿大学法学部経営法学科入学
1999年9月 近畿大学法学部経営法学科 中退
2010年4月 放送大学教養学部社会と産業のコース入学
2016年3月 放送大学教養学部社会と産業のコース卒業

社長職歴

大学中退後、愛知県豊田市のトヨタ自動車株式会社の本社工場に就職。家庭の事情で石川県に戻った後、事務職を志してハローワークの職業訓練で6ヶ月のOAコースを受講。石川県IT人材育成センターでOJTを受ける。その後、家業の「横井商店」で勤務するも、高校生時代に先行した理科系への志向から、再度、トヨタグループの「デンソー株式会社安城製作所」に就職。その後、独立し、「マザーブランド株式会社」を創業。

現在に至る。

生い立ち

横井家の次男として生まれる。兄弟は、兄と弟。2人も生まれつき重度の脳性麻痺があり、誰かの助けがないと生きられない。幼少の頃より、母が兄弟を介護するのをまじかで見て育ったため社会福祉政策について強い関心がある。

事業内容

  1. 米あめの販売
  2. 食料品の卸、販売
  3. 古物営業法に基づく古物の売買
  4. 中古カメラ等の販売
  5. 法人及び個人を対象としたコンサルティング
  6. ビジネススクールの運営
  7. 前各号に付帯関連する一切の業務
社名
マザーブランド株式会社(MotherBrand.co.ltd)
本社
〒927−0602
石川県鳳珠郡能登町字松波12−93−3
代表者
代表取締役社長 横井 裕貴
設立
平成4年4月2日
資本金
6百万円
古物商許可証
石川県公安委員会 第511150013553号